ミクステンド株式会社

日程調整自動化ツール『TimeRex』、ビデオ会議ツール『Google Meet』と連携開始

ミクステンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:北野智大)は、ビジネスシーンでの日程調整課題を解決する日程調整自動化ツール『TimeRex(タイムレックス)』(URL:https://timerex.net/ 、以下TimeRex )とGoogleが提供するビデオ会議ツール『Google Meet』(以下Google Meet )との連携を開始しました。これにより日程調整と同時にGoogle Meetの会議URLを発行可能となり、オンラインミーティングまでの日程調整及び実施準備の完全自動化を実現しました。さらに、WEB会議連携機能としてZoom、Microsoft Teams、Google Meetと3つのツールに増えたことにより、自社や日程調整相手の環境にあわせたWEB会議ツールでの運用が可能になりました。

Google Meet連携の背景

・テレワークの推進に伴いWEB会議ツールを利用した打ち合わせが増加
・TimeRexのWEB会議連携機能を利用した日程調整件数は8ヶ月間で約5万件
・Google Meetユーザーも日程調整からオンラインミーティング開催までを完全自動化

昨年から続く新型コロナウィルス感染症拡大防止策としてテレワークが推進されており、ビジネスの打ち合わせはWEB会議ツールを利用した形が増加しています。
TimeRexにおいて過去に公開したWEB会議連携機能を利用した日程調整件数は8ヶ月間で約5万件であり、2020年7月から2021年2月にかけては約11倍にも増加しております。しかし、これまでTimeRexが連携可能なWEB会議ツールはZoomとMicrosoftTeamsのみであり、Google Meetの利用が定められている会社では連携機能を利用することができませんでした。
そこで、コロナ禍における業務効率化支援を強化することを目的とし、より多くのユーザー様にWEB会議連携機能を利用いただくため、Google Meet連携機能を提供開始いたしました。
この度のGoogle Meet連携機能により、日程調整と同時に自動でオンラインミーティングの実施準備を完了することが可能になりました。また、WEB会議連携機能としてZoom、Microsoft Teams、Google Meetと3つのツールに増えたことにより、自社や日程調整相手の環境にあわせた柔軟な運用が可能になりました。

オンラインミーティングまでを完全自動化

Google Meet連携の概要

TimeRexから打ち合わせ相手が日程を選択し、日程調整が完了したタイミングでGoogle Meetの会議URLを自動発行します。発行された会議URLはTimeRexユーザーと打ち合わせ相手の両方に通知され、TimeRexユーザーの連携しているカレンダーにはGoogle Meetで発行された会議URLの情報が登録されます。
Google Meet連携はプランにかかわらず、Googleアカウントを使用してTimeRexに登録したユーザーにてご利用いただけます。

Google Meet連携利用方法

Google Meet連携の詳細な手順はこちらをご覧ください。

TimeRexの今後の展望

TimeRexは今後、日程調整の様々なシーンに対応できるように機能を強化していくとともに、更なる業務効率化を実現するためSaaSツールとの連携も進めてまいります。
あらゆる業務の始まりであり、「効率化」と「ミスなく」が求められる日程調整をできる限り自動化し、日程調整の一歩先まで効率化していくことによって、ビジネスパーソンの皆様を支援していきたいと考えております。

TimeRexの概要

URL:https://timerex.net/
日程調整自動化サービス「TimeRex」は、GoogleカレンダーやOffice365予定表とリアルタイムに連携し、日程候補のリストアップから予定登録まで、面倒な日程調整タスクを自動化するサービスです。2020年1月のサービス提供開始以来、チームの打ち合わせや面談の日程調整シーンに多くご活用いただいています。

本件についてのプレスリリース

日程調整自動化ツール『TimeRex』、ビデオ会議ツール『Google Meet』と連携開始