ミクステンド株式会社

日程調整と同時に会議URLを発行 日程調整自動化ツール『TimeRex』、WEB会議ツール『Microsoft Teams』と連携開始

ミクステンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:北野智大)は、テレワーク体制におけるオンラインミーティングの機会増加に対応し、ビジネスシーンでの日程調整課題を解決する日程調整自動化ツール『TimeRex(タイムレックス)』(URL:https://timerex.net/ 、以下TimeRex )とMicrosoftが提供するWEB会議ツール『Microsoft Teams』(以下Microsoft Teams )との連携を開始しました。これにより日程調整と同時にTeams会議URLの発行が可能となり、オンラインミーティングまでの日程調整及び実施準備の完全自動化を実現しました。

Microsoft Teams連携の背景

昨年からの新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とした外出自粛要請に伴い、ビジネスシーンでの打ち合わせはWEB会議ツールを利用したオンラインミーティングの形が多くなりました。
TimeRexにおいても、Zoom連携機能を利用した日程調整数は急増しており、昨年12月は7月に対し約7倍に増加しています。
しかし、これまでTimeRexが連携できるWEB会議ツールはZoomのみであり、Microsoft Teamsの利用が定められている会社では連携機能を利用することができませんでした。そのため、従来の方法でTimeRexでの日程調整後に、メール等にて改めて会議用URLの送付を行う煩雑な作業が必要であることが課題でした。
この度、Microsoft Teamsと連携することにより、自社に合わせたWEB会議ツールで運用いただくことが可能になりました。また、日程調整完了と同時に自動でオンラインミーティングの準備を完了することを実現いたしました。

打ち合わせの日程調整自動化

Microsoft Teams連携の概要

TimeRexから打ち合わせ相手が日程を選択し、日程調整が完了したタイミングでMicrosoft Teamsの会議URLを自動発行します。発行された会議URLはTimeRexユーザーと打ち合わせ相手の両方に通知され、TimeRexユーザーの連携しているカレンダーにはTeams会議の情報が登録されます。
Microsoft Teams連携は、TimeRexの全プランにてご利用いただけます。TimeRexへのアカウント登録は必須です。
TimeRexと連携するMicrosoft Teamsのアカウントは無料プランからご利用いただけます。

Microsoft Teams 連携利用方法

Microsoft Teams連携の詳細な手順はこちらをご覧ください。
https://support.timerex.net/hc/ja/articles/360054282792

TimeRexの今後の展望

TimeRexは今後、日程調整の様々なシーンに対応できるように機能を強化していくとともに、更なる業務効率化を実現するためSaaSツールとの連携も進めてまいります。ご興味をお持ちのご担当者様は、ぜひお声がけいただけますと幸いです。
今後も日程調整を起点とした様々な業務の自動化、効率化に取り組むことにより、コロナ禍におけるビジネスパーソンの皆さまの生産性や働き方の向上をサポートいたします。

本件についてのプレスリリース

日程調整と同時に会議URLを発行 日程調整自動化ツール『TimeRex』、WEB会議ツール『Microsoft Teams』と連携開始