『調整さん』から生まれたビジネス版日程調整自動化ツール『TimeRex』 働き方の多様性に対応してフリープランの日程調整カレンダー作成数の制限を撤廃

ミクステンド株式会社

2022.3.2
シェア:
日程調整カレンダー作成数の制限を撤廃

国内最大級の日程調整ツール『調整さん』を運営するミクステンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:北野智大)は、主力サービスであるビジネス特化型日程調整自動化ツール『TimeRex(タイムレックス)』において、コロナ禍における個々のライフスタイルの変化に合わせ、フリープランの日程調整カレンダー作成数の制限を2022年3月1日に撤廃したことをお知らせします。

フリープランでも様々なシーンに合わせた日程調整カレンダーの使い分けが可能に

フリープランの日程調整カレンダー作成数の制限撤廃により、
・オンラインミーティング用
・対面での打ち合わせ用
・副業の会社用
等、様々なシーンに合わせた日程調整カレンダーの使い分けが可能になりました。

シーンに合わせた日程調整カレンダーの使い分けが可能に

フリープランの日程調整カレンダー作成数制限撤廃の背景

リモートワークの普及でオンラインでの打ち合わせが浸透したことにより、「オンラインでのWeb会議」か「対面での打ち合わせ」か等を自社や打ち合わせ相手の都合に合わせて分ける必要性が出てきました。

例)
1. リモートワークの普及により一人で対応するオンライン会議の種類が増えた。
2. 副業増加により、本業以外でも日程調整をする機会が増えた。
3. ワーケーションの導入により、移動時間の有無で分けた日程調整が必要になった。

これまでのフリープランでは、一つの日程調整カレンダーしか作成出来ず利用用途が限られていましたが、今回の制限撤廃により打ち合わせ相手や利用シーンに応じて日程調整カレンダーを個数制限なく作成することができるようになりました。リモートワークや副業、ワーケーション等、様々なライフスタイルの中に存在する日程調整課題の解決を実現します。
今後もさらにユーザーのニーズに合わせたサービスを提供し、すべてのビジネス規模に対応した日程調整のDX化を推進してまいります。

フリープラン制限撤廃 プラン表

今後の展望

『TimeRex(タイムレックス)』は、利用者の口コミをメインにユーザー登録数を伸ばし、2年で登録者数6万人を突破しました。フリープランのサービス増強により、今後様々な用途で『TimeRex』のタイムパフォーマンスの良さを実感する利用者を増やすことで、日程調整を軸とした社会の変革を引き続き目指してまいります。

TimeRexについて

日程調整には通常下記のような10以上の工程があり、順調に進んだ場合でも15分はかかるため、ビジネスシーンの効率化における課題となっていました。
<従来の日程調整>
1. 自分のスケジュールを確認
2. 同席者と調整し候補日程を3つ程選ぶ
3. 候補日をメールに書き写す
4. 仮予定を登録する
5. 日程確定連絡を受け取る
6. カレンダーに本予定を登録する
7. Web会議URLの発行・通知
8. 仮予定の削除
9. 同席者にも招待を送信する
10. 関係者にリマインドメールを送る

『TimeRex』はこうした面倒な作業を1分で終了させる日程調整自動化ツールとして2020年1⽉29⽇のリリース以来、コロナ禍でのテレワークやオンラインイベントの増加に合わせて利用者を飛躍的に伸ばしています。

本件についてのプレスリリース

『調整さん』から生まれたビジネス版日程調整自動化ツール『TimeRex』 働き方の多様性に対応してフリープランの日程調整カレンダー作成数の制限を撤廃

フルリモートで日程調整の新しい形を一緒に創りませんか?