調整さんから生まれたビジネス日程調整自動化SaaS『TimeRex』、Zapierと連携開始 3,000以上のアプリと連携可能に

ミクステンド株式会社

2022.3.29
シェア:
Zapier連携

国内最大級の日程調整ツール『調整さん』を運営するミクステンド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:北野智大)は、3月29日より主力サービスであるビジネス特化型日程調整自動化SaaS『TimeRex(タイムレックス)』とアプリやWebサービス同士を連携させてタスクを自動化できるiPaaS『Zapier』との連携を開始することをお知らせします。今回の連携によりZapierが保有する3,000以上のアプリと連携できるようになり、日程調整の後に発生する手動の反復業務を一気通貫で完全自動化することが可能になりました。

Zapier連携

Zapier連携の背景

昨今では多くの企業がSaaS導入を進めており、企業向けアイデンティティ管理のサービスプロバイダーであるOkta社の調査(※1)によると、企業1社あたりで平均89種類のSaaSが利用されています。
あらゆる業務のハブになる日程調整にはその後に⾯接や商談、顧客管理等、様々な業務がつながっており、業務ごとに異なる多くのSaaSに対し、決まった⽇時の情報や相手の名前、メールアドレスなどのデータを個別に手動で登録する必要がありました。
そこで、この度日程調整後の手動の反復業務の自動化を実現するため、日程調整結果を任意のSaaSに自動連携が可能なZapier連携をリリースいたしました。この連携により日程調整結果に含まれるデータをZapierが対応する3,000以上ものSaaSに自動で連携。予定についての情報共有・データ登録に必要な手作業を完全に削減することが可能になりました。
※1 出典 Okta,“Businesses at Work 2022” https://www.okta.com/report/businesses-at-work-2022/

Zapier連携の概要

日程調整が完了した際に、Zapierで設定したワークフローに基づいて、⽇程調整結果に含まれる⽇時の情報、会社名や名前、メールアドレスなどのデータを任意のアプリに連携できます。

Zapier連携は、TimeRexの全プランにてご利用いただけます。TimeRexと連携するZapierのアカウントは無料プランからご利用いただけます。

Zapier連携の詳細な手順はこちらをご覧ください。
https://support.timerex.net/hc/ja/articles/5243982650265

Zapier連携の活用例

一連の工程をワンストップで自動化
例えば営業部門の場合はTimeRexで商談日時を決定後、同時に複数の営業管理ツールと連携することにより、日程調整から受注に至るまでの一連の工程をワンストップで自動化できます。
商談情報を顧客管理ツール(CRM)の見込み客リストに転記しアプローチの準備をする、マーケティングオートメーションツール(MA)の配信リストに転記しメルマガ配信を開始するなど、受注にいたるまでの積極的な施策を自動で同時展開することができ、各部門の業務内容に合わせた活用が無限に設定可能になりました。

<主な営業チーム利用具体例(商談日時設定完了後)>
・Marketoに顧客登録しマーケティングメールを送信する
・Salesforceに日程調整結果を登録する
・Chatworkでチームに共有する
・Googleスプレッドシートに先方情報を保存する

TimeRexの概要

URL:https://timerex.net/
日程調整自動化サービス『TimeRex』は、GoogleカレンダーやOutlook予定表とリアルタイムに連携し、日程候補のリストアップから予定登録まで、面倒な日程調整タスクを自動化するサービスです。国内最大級の日程調整ツール『調整さん』のビジネス版として2020年1⽉29⽇のリリース以来2年で約7万人と利用者数を飛躍的に伸ばしてきました。単なる日程調整だけでなく前後の業務も含むビジネス全体の効率化・自動化をはかり、身近なDXの実現を目指してまいります。

本件についてのプレスリリース

調整さんから生まれたビジネス日程調整自動化SaaS『TimeRex』、Zapierと連携開始 3,000以上のアプリと連携可能に

フルリモートで日程調整の新しい形を一緒に創りませんか?